便秘はナゼ起こるの?その理由は・・・

便秘は、日常生活において習慣化しやすいもので本当に悩んでいる人も多い事でしょう。

一般的には、男性よりも女性の方が便秘になりやすいと言われております。それには、女性特有の黄体ホルモンが関係しています。

黄体ホルモンは、生理の時に分泌されるホルモンで、このホルモンの働きが腸にまで作用してしまい排便困難を招いてしまうのです。
そして、女性は妊娠中にも便秘に悩まされてしまうのです。

また、時間に余裕の無い生活をしている方も便秘の原因を作りやすくしています。
出勤前や仕事中・プライベート中など、便意を感じてもトイレに行く時間が取れず、そこで我慢してしまうと便意を感じられにくくなります。

他にも、日常から便秘がちだからといって日頃から便秘薬を使っている人も便秘になりやすいとされています。
便秘薬は、想像以上にその作用は強く、薬の力だけで排便させようとするために腸の自然な働きを妨げてしまうので便秘の症状を更に悪化させてしまいます。

外食が多い、食物繊維の豊富な野菜を食べない、運動不足、これらも便秘を起こす原因とされています。
規則正しい生活と、腸で働いてくれる善玉菌(ビフィズス菌)を活性化し、腸内環境を整える事が便秘の予防・解消への近道かもしれません。

ビフィズス菌とは・・・健康を守る救世主たち〜

よくTVや雑誌などで、最近取り上げられているビフィズス菌ですが、以外にその生態や働きなど知ってるようで知らない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、ざっくりと簡単に説明していこうと思います。

まず、そもそも人間の腸の中には、約100種類の100兆もの細菌が暮らしています。
その細菌の中には、あなたの健康を応援する「善玉菌」と健康を奪ってしまう「悪玉菌」の2種類がいます。

それらは、「片方が増えれば、片方は減る」といった感じで日々、腸の中で陣取り合戦を繰り広げているのです。
善玉菌が多ければ、便秘になりにくい健康なお腹をキープでき、
悪玉菌が多ければ、いつも便秘の悩みと向き合わないといけない不健康なお腹になってしまいます。

善玉菌の種類は、約40種類と言われており、その中で更に便秘解消に効果があると言われているのが、ビフィズス菌です。
このビフィズス菌は、便秘以外にも健康を応援してくれています。

悪玉菌の排除・食中毒の予防・下痢の改善etc・・・
本当に良い事尽くしで、効果を挙げたらキリがありません。

このビフィズス菌たちを増やすためには、それを含んだ食べ物を摂取するか、ビフィズス菌のエサを摂取して増やすかの方法があります。
ただ、ビフィズス菌を含んだ食べ物は数種類の善玉菌しか増やせず、腸内環境が悪ければなかなか増えません。

逆に、ビフィズス菌のエサであるオリゴ糖や食物繊維を採ることで、モノによっては殆んどの善玉菌を活性化し、増やすことが出来ます。
ただ、市販で売られている普通のオリゴ糖などは、不純物も多く効果が無いものが多いです。

そんな中で、純度が高く30種類以上の善玉菌を活性化できたオリゴ糖があります。
それが、カイテキオリゴです。

ビフィズス菌をしっかり増やして、腸内環境を整えることが出来れば、永年の悩みから解消されるかもしれません。

タグ: 効果 50代 ランキング 20代 感想 トライアル 口コミ 激安 評判 販売 人気 通販 40代